DEATH ADDER マウス設定 SYNAPSEの使い方

更新日:

せっかく良いマウスを買ったのですから性能を100%発揮しないともったいないですよね!

マウスに限らずRAZERのデバイスはSYNAPSEと言うソフトで細かな設定を行うことができます。

どんな設定ができるのかざっくりと。

 

それではSYNAPSEの使い方を順に説明していきます。

 

 

各ボタンの機能変更

画面真ん中に対応デバイスが、一番下にインストール済みのモジュールが表示されます。
今回はRAZER DEATHADDER ELITEをクリックします。

 

ここで各ボタンのキーバインド・機能変更が行えます。変更したい箇所を選択してください。
左クリックだけは先に別のボタンに左クリックの機能を割り当てないと選択できないようになっています。

 

 

 

「マウスの機能」の項目では各ボタンの機能を入れ替える事ができます。

例えばホイールの上下スクロールをサイドボタンに振り分けたり、右クリックと左クリックを入れ替える事もできます。

自分好みにカスタマイズしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ターボを有効化」と言うのはいわゆる連打機能で回数/毎秒の設定ができます。

左画像の設定だと1秒間に7回の速さでクリックしてくれます。

最高20/秒! 速すぎてゲーム側の連コン対策に引っかかってしまいそうですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「感度タイプ」の項目では各ボタンに感度に関する機能を割り当てる事ができます。

感度クラッチ:ボタンを押した時だけ感度を変更できる機能。例えばFPSで遠距離狙撃の時だけ感度クラッチボタンを押して感度を極端に下げるといった使い方です。もちろん使用時の感度設定も可能。初期値は800

感度ステージアップ/ダウン:DPIボタンとして使用する場合に選択。 ※ループはしない

on The Fly Sensitivity:設定したボタンを押しながらホイールを回すとゲーム中でも細かな感度調整が可能。DPIボタンとは違って100DPI刻みでの変更が可能。 ※現在選択中のステージの感度が変更されます。

感度ステージへ移行する:アップ/ダウンと違ってループします。DPIボタンが1個しかないタイプと同じ動作です。

 

 

その他にもキーボードの機能を割り当てたり自分で作ったマクロを割り当てることも可能です。

 

 

DPI設定

 

緑の枠に表示されているパフォーマンスのタブを選択してください。

Eliteは5段階のDPI変更が可能ですが、ここでは各段階(ステージ)のDPIを100DPI刻みで設定できます。

9000はともかく16000は人間が使う感度ではないので早めに変えておく事をお勧めしますw ※death adder eliteの初期値は800 1200 4500 9000 16000

X-Yを有効にするにチェックを入れると縦横の感度を個別に調整する事ができます。

 

「ポーリングレート」は1秒間にマウスがPCに情報を伝える回数を表していて、125 500 1000から選択できます。

高ければいいと言うものではないので環境に適した数値を選択してください。

 

 

マクロ作成

ウィンドウの一番上にマクロと言うタブがあるのでそれをクリックします。

 

最初はマクロリストに何も登録されていないので「+」のアイコンをクリックしてマクロを追加します。

マクロの削除は「・・・」のアイコンを選択すると削除の項目を見つける事ができます。

 

 

 

 

 

 

マクロ1を選択したら真ん中の画面に移ります。

「挿入」をクリックするとキーストロークマウスボタンテキスト入力コマンド実行ループマクログループから選択できます。

キーボードのキーを割り当てたい場合はキーストロークを選択します。「ありがとう」などの文を組みたい場合はテキスト入力を選択しましょう。

 

一番右の画面に移ります。

キーストロークに任意のキーを入力しましょう。

遅延は0sなら入力した瞬間にマクロが動作します。

 

 

 

 

 

 

A→Bの順に同時に入力したい場合は左画像のようにAの間にBを割り込ませます。

遅延を利用すれば遅れて動作します。

ここで作ったマクロを「カスタマイズ」の画面に戻り、マクロを任意のキーに割り当てていきます。

 

 

 

 

 

 

ライティング設定

緑枠のライティングもしくは一番上のタブのCHROMAをクリックします。

左にライティングの効果が表示されているので変更したい場合は「・・・」を選択し各効果に変更してください。

どのように光るか真ん中のサンプル画面で実演してくれます。 ※初期設定はスペクトラムサイクリング

一番右の項目で色やパターンの速度等、細かい設定が行えます。

ブリージング:呼吸をしているような光り方。ゆっくりとフェードアウトしながら消えていくのを繰り返します。・リアクティブ:クリックすると光ります。

リップル:クリックすると光ります。 水面の波紋のようなライティングでキーボードだとキレイ

スペクトラムサイクリング:徐々に色が変化していく。 初期設定はコレ

スターライト:ランダムに点いたり消えたり。

スタティック:常時点灯。

ウェーブ:ピコピコ光ってカラフル。

ファイヤ:メラメラしてます。

 


 

以上でsynapseの説明は終わりです。

細かい設定はまだあるのですが、とりあえずこれだけ分かれば十分でしょう!

特にDPI設定はやっておかないともったいないです!

-ゲームデバイス, ゲーム全般

Copyright© fumiblo , 2019 All Rights Reserved.