1万円前後のお勧めゲーミングキーボード

更新日:

今回は2万円近くするような高級モデルではなく、1万円前後のミドルクラスを中心にお勧めのキーボードを厳選してみました。

ゲーミングデバイスの中では最も優先度が低いのがキーボードですが、だからこそ思いっきり見た目にこだわって気分を盛り上げてみてはどうでしょうか?

部屋を暗くしてイルミネーションをガンガン光らせれば気分はesportsです!

 

 

Logicool G213

出典:amazon

 

安定のLogicool製!

1万円以下でありながら高級キーボードに搭載される機能は大体使える超お勧めキーボードです。

・メンブレン式

・10キーロールオーバー

・耐水仕様

・専用ソフトウェアでイルミネーションやマクロの管理が可能

・固定式パームレスト

一番の特徴はメンブレン式である事。

メカニカル式ではないので上位モデルと比較すると質感は少し下がるでしょうが、だからといって質が悪いなんてことは全然ありません!

実際にお店で触ってみたのですがその辺の普通のキーボードと比較したらキーの打ち心地はかなり良いです。ちゃんとゲーミングキーボードしてますよ!

その辺の格安ゲーミングキーボードとの大きな違いは専用ソフトウェアで制御できる点です。ソフトウェア側でイルミネーションの色やパターンを変更できるのでPCの電源を切るたびに設定がリセットされるなんて事もないですし、キー設定やマクロ作成もできるのは大きな利点です。

唯一の気になる点は本体と固定されたパームレストの存在。

パームレスト自体は良いのですが取り外しできないのでサイズがデカいです。机のサイズに余裕のある方向けになっているのでそこだけ注意ですね!

 

 

 

SteelSeries M500

出典:amazon

 

FPSのゲームデバイスと言えばSteelSeriesです!

値段はほぼ1万円です。プロFPS界ではこのキーボードの使用率がかなり高いようでこの価格でプロ仕様ってやばくないですか!?

余計な機能はとことん省いて派手さも無いですが、勝つためのデバイスとしては最高クラスのようです。

Cherry MX Redスイッチ搭載 (メカニカル式赤軸)

・JIS規格でありながら「かな」「変換」「無変換」をあえて排除!

・SteelSeries Engine3 ソフトウェアでイルミネーションやマクロ設定が可能

本当にゲームの事だけを考えて作られているのが分かります! 無駄なキーがほんっとに無いんですよw

日本語配列なのにミスタッチをなくすためにあえて「かな」「変換」「無変換」のキーを取っ払ってるんです。しかもスペースキーがメチャでかい!USっぽいけどJISなのでエンターキーはデカいまま!素晴らしいです(∩´∀`)∩

メカニカル式赤軸なので耐久性もバッチリで静音性もボイスチャットで嫌われない程度の打鍵音となっています。

 

欠点があるとすれば派手さに欠ける点でしょうか。色はブルーのみで3パターンから選べるくらいなので派手さを求める人には物足りないかもしれません。

逆にいかにもゲーミングデバイス的な光物が嫌いな人にはちょうどいいかもしれませんね!

 

 

 

FILCO Majestouch2 S

出典:amazon

 

珍しいピンク軸採用の静音性を高めたキーボード!

ピンク軸は静音性に優れるのでカチャカチャ音が嫌いな人にお勧めなキーボードです。


出典:amazon

 

USB/PS2両対応 Nキーロールオーバー! USBは6ロールオーバー

・cherry製ピンク軸 静音性が高い!

・メカニカルだけどメンブレンっぽい打鍵感

「ゲーミング」とは記載されていないですが、プロユースの使用にも耐えうるようレスポンスを高めているようで、しっかりゲームプレイも視野に入れて作ってあるので安心です。

ロールオーバーもPS/2対応で全キー同時押しも可能! USB接続の場合は6ロールオーバーになります。

詳しい情報はこちら

 

静音性に関してはこの動画がすごく分かりやすかったです!青軸とピンク軸の差が凄いですw

 

 

Razer Ornata Chroma

出典:amazon

 

光るキーボードと言えばやっぱりRAZER!

ライティングエフェクトがメッチャ派手で専用ソフトウェアSynapseでオリジナルのエフェクトを作り出せます!

メンブレン式なのでRAZERの中では価格は抑えられている方かなと思います。

メカメンブレン式

・リストレスト脱着可能(磁石)

・ロールオーバー/アンチゴースト 最大10キー対応

・Synapseでライティングエフェクトの編集やマクロ設定が可能

こいつはRazerオリジナルのメカメンブレンというメンブレンとメカニカルのハイブリッドで、打鍵感はメンブレン式のゴム感がある一方でメカニカル特有のクリック感も感じられるようになっています。この辺は好みの問題だと思うので良い悪いは人それぞれでしょう。

それよりもchromaに対応しているモデルで一番手が出しやすい価格というのがこの商品の一番の強みでしょう!

1,680万色からなるイルミネーション機能をchromaと呼び、synapseと言う専用ソフトウェアでオリジナルのライティングエフェクトを作成できます。

↓この動画のエフェクトはアップロード主さんの自作エフェクトとなっています。物凄い自由度です!

日本語配列↓

英語配列↓

 

chroma機能はなくてもいいって方なら1万程度で購入できるRazer Ornataがお勧めです!

こちらはグリーン単色となっていますが、それ以外の作りはRazer Ornata chromaとほぼ同じ仕様となっています。

 

グリーン単色↓


 

個人的にはUS配列のRazer Ornata chromaかSteel Series M500をお勧めします!

-ゲームデバイス, ゲーム全般

Copyright© fumiblo , 2019 All Rights Reserved.