【aim hero】エイム練習

更新日:

6日ぶりのエイム練習です!今回はreflexとfast aimingに絞って特訓してみました。

6日間全く練習していませんでしたが、なんとfast aimingを3分間やり切る事に成功しました!(∩´∀`)∩

やはり記憶を定着させればブランクがあっても問題ないと言う事ですね。

 

高速照準(fast aiming)

最高スコア    264000

今日の最高スコア 416000

fast aimingは手ごたえありです!これを安定させるにはもっと精度を上げる必要があります。

次にどの的を撃つか頭の中でイメージしながら撃つようにすると勝手に集中力が増して精度が上がっていきました。

このfast aimingは何を意識しながら練習すべきなのか、まだ答えは出てませんが一応成績は上がってきているのでとりあえずイメージ力強化の方向でトレーニングしてみようと思います。

 

 

反射神経(reflex)

最高スコア    78750

今日の最高スコア 72750

「遅くてもいいから丁寧にエイム」を徹底したのでスコアが下がっています。

ハイスコアを狙うと焦ってしまい、エイム練習の質が低下していると感じたのでスコアは完全無視でエイム練習を行いました。

と言うのも、reflexは練習時間を一番割いているにもかかわらず、体がエイムの感覚をなかなか覚えてくれません。どーにもコツを掴めないんですよ!1日経つと次の日にはまたクソエイムに戻っています。

おそらく意識するポイントを誤っているのでしょう。正しい感覚を定着させないと意味がないのでしばらくはスコア無視で「丁寧なエイム」で練習してみます。

 

エイムって単純なようで意外と奥が深いですね!脳との関係を考え出すと何が正解か分からなくなってきます(;´∀`)

一言にエイムと言ってもたくさんの狙い方がありますし、大きく分けても修正の動作が入るエイムとほぼ感覚で当てていく瞬間的なエイムの2つがあると思います。

例えばスナイパーだと遠距離の敵の頭を正確に撃ち抜く時と、近距離戦のドラッグショットとでは脳の使い方や意識するポイントが全く違うと思います。

「reflex」とドラッグショットはとても良く似ていますね!

reflex=反射神経と言うのは外から受けた刺激を脳を介さず、直接筋肉に信号を送った時の反応を言うんだそうです。

つまり感覚で撃ってるんですよね。ドラッグショットは基本修正動作は入らないと思います。一度敵を認識したら感覚を頼りに一瞬で狙い撃ちます。

感覚を鍛えるには反復練習が一番なので結局は数をこなして慣れろって事になってしまいますが、ここで重要なのはターゲットにヒットさせた時の「正しい感覚」を体に叩き込む事です。

くどいようですが、ミスした時の「誤った感覚」で練習を続けていると上達が遅くなるので速さを競う訓練であっても正確さを重視して練習すべきです。

 

-AIM HERO

Copyright© fumiblo , 2019 All Rights Reserved.