【E-Win】E-Winゲーミングチェア2019シリーズ

更新日:

E-Winゲーミングチェア2019シリーズ

出典:amazon

コストパフォーマンスに優れるE-Winゲーミングチェアの最新モデル「2019シリーズ」が登場しました。

これまでのシリーズと何が違うのか?追加された新機能やオプション、購入時の注意点を簡単にまとめてみました。

公式サイト:https://ewinracing.jp/ ※動画が流れます。音量に注意

 

 

2019シリーズの特徴

出典:amazon

2018シリーズとの比較

・座面のデザイン変更。(ステッチ追加)

・背面にポケット追加。

オットマンの追加。(オプション)

・キャスターのロック機能追加。

・素材を布地に変更可能。 ※カラーは黒のみ。

 

出典:amazon

「2019シリーズ」ではオプションでオットマンの装着が可能になっています!!(∩´∀`)∩

厚さは11cmと肉厚で、耐荷重量は30kg。使わない時は折りたたんで収納できます。最高!!

長さは座面の端から40cmになるので、「足の長い人」&「浅く座る人」はふくらはぎを乗せる感じになるかもしれませんね。

リクライニング時に使用するのが前提の設計なのかもしれません。

E-WIN ゲーミングチェア 2019シリーズ専用のオットマン フットレスト G9-BK

 

 

 

購入時の注意点

「2019シリーズ」では通常版上位版で仕様が大きく異なるので、購入する前によく確認しておきましょう!

 

出典:amazon

上位版の特徴(F9-BK)

・5段階調整が可能な内蔵型ランバークッション。

・デザインの違い。ヘッドレスト付近が肉厚。

・ヘッドレストの装着方式の違い。(吊り下げタイプ)

・カラーは黒のみ

 

やはり目を引くのは内蔵型ランバークッションでしょう!

ギア式なので段階的な調節ができ、バンドタイプのようにランバーサポートがズレ落ちる事もありません。素晴らしいです!

ゲーミングチェアで段階調節が可能なタイプってかなり貴重だと思います。

有名どころだとバウヒュッテのGT-2000くらいしか思いつきません。

唯一の欠点はカラー選択ができない点でしょうか?黒のみなのでゲーミングチェア的なスポーツ感が若干薄れているように感じます。

 

 

出典:amazon

通常版の特徴(D9シリーズ)

・赤、青、黄、グレーのカラー選択が可能。

・バンドタイプのヘッドレスト

・バンドタイプのランバーサポート(上下の位置調整が可能)

 

従来のシリーズと同じような見た目で安心感があります!

前後上下左右調整が可能な「3Dレストアーム」座面前傾機能」もそのまま受け継いでいます。

バンドタイプのランバークッションでいいと言う人ならこちらの通常版で全く問題ないですね!

しかし、「2018シリーズ」まで存在していたピンクが無くなっているのは残念・・・

オットマンや内蔵ランバークッションに興味が無いのであれば、あえて前モデルを選ぶのもアリだと思います。

 

 

E-Winゲーミングチェア 2019シリーズ

・カラー:赤、青、黄、グレー、黒(布地)

・背もたれ:幅57cm、高さ92.5cm

・座面:厚さ10cm、高さ41~47cm

・最大荷重:150kg

・3Dアームレスト:上下7cm、前後7cm、左右10度(3方向)

・前傾機能:前に10度

・ゆりかご機能:前後に15度。テンション調節可

・キャスターロック機能

・背面収納ポケット

・オットマン(オプション):厚さ11cm、長さ40cm、耐荷重量30kg、防水仕様

・内蔵ランバークッション(上位モデルのみ):5段階調節、耐荷重量:30kg

 

E-WIN ゲーミングチェア 2019シリーズ専用のオットマン フットレスト G9-BK

-ゲームデバイス

Copyright© fumiblo , 2018 All Rights Reserved.