【Insurgency:Sandstorm】LMGで分隊のサポート!「ガンナー」

投稿日:

ガンナー(GUNNER)

ガンナーは装弾数の多いLMGで弾幕を張ってチームの行動をサポートするクラスです。

バイポッドを展開し、敵の進行ルートに狙いを定めて侵攻を妨害したり、サプレッション(制圧効果)を利用して敵のいそうな場所に適当に弾幕を張り、チームメイトを安全に移動させるのが理想。

言うのは簡単ですが、実際に妨害やサポートを実行するには敵のスポーンポイントやマップを熟知している必要があり、とてもすぐにできるような事ではありません。

かなり難しいクラス。

LMGは近距離でのアンブッシュに弱いので、CQB用にハンドガンにコストを割くのもアリかもしれません。

 

 

M249

コスト3

装弾数200発。

反動がアホみたいにデカいのでLMGはバイポッドを立てて使用するのが基本。

立ち姿勢で狙う場合は、「中腰」と「フォーカス」を併用する事でいくらか制御が楽になる。

 


 

PKM

コスト3

装弾数100発。

射程距離以外全てM249に劣っているインサージェント側のLMG。

立ち姿勢でのリコイルコントロールが鬼難しく、中腰のPKMより立ち姿勢のM249の方が簡単に感じる程・・・

バイポッド展開はほぼ必須なので、敵のスポーン位置やマップを把握してキャンパーに徹するのがいいのかも。

-Insurgency:Sandstorm

Copyright© fumiblo , 2019 All Rights Reserved.