【PC版】 バイオハザードre2 ワンショットデモをプレイしてみた (GTX670)

投稿日:

GTX670で「バイオハザードRE2」が動くのかを確かめるべく、ワンショットデモをプレイしてみました!

結論から言うと、画質を落とせば問題なく動作します!

カクツキもなく常に60fpsキープしてくれました。(*´ー`*)

 

最低動作環境

最低動作環境
OS Windows7/8.1/10 64bit
CPU Intel® Core™ i5-4460 または AMD FX™-6300以上
メモリ 8GB RAM
GPU NVIDIA GeForce GTX 760 または AMD Radeon R7 260x with 2GB Video RAM
DirectX Version 11

 


 

オプションで画像解像度を下げ、フルスクリーンで軽い動作設定でプレイした時の画像↑。

のっぺりと言うよりノイズでぼんやりしている印象を受けます。

しかし余裕の60fps、これならもっと画質上げても大丈夫そうですね!

 

試しに画面解像度1920x1080に上げてみる・・・少しマシになったけどノイズは多い、しかしレートは全然余裕!

この辺の設定は製品版で最適な設定を探ってみよう、とりあえず動作する事が確認できただけでもうれしい( *´艸`)

 

グラフィック設定がメチャクチャ親切で分かりやすく、流石和ゲーだなと感心いたしました・・・いや本当に。

ゲーム中でも設定を変更でき、使用グラフィックスメモリを見ながら画質を上げていく感じになります。

 

ワンショットデモをプレイしてみて・・・

やばい・・・楽しいw

公開された動画を見るに、エイムの難しいゲームなのだろうと勝手に思い込んでいましたが、狙った場所にスムーズに照準が合う気持ちのいいTPSに仕上がっている印象を受けました。

少なくともPC版はヘッドショットをガンガン狙っていけます。操作性は文句なし!

 

発砲時のサウンドがとても気持ちいい、そして撃たれたゾンビの反応も素晴らしいの一言。

アニメーションにぎこちなさは全くなく、恐怖演出と気持ち良いシューティングのバランスが絶妙で神ゲーの予感がプンプンしますよ( *´艸`)

 

ホラーゲームとしてみると恐怖度は低めな印象です。※デモ版での個人的な感想

もちろん不意に起こる恐怖演出には驚かされますが、シューティング要素がよくできているせいか、恐怖より気持ちよさの方が若干勝っている感じで「もっと弾とゾンビをよこせ!」と言うのが正直な感想ですw

不安を煽るBGMがほぼ無いのも原因の一つかもしれません、少なくともデモ版は。

 

しかしタイラントが出てきたらそうも言ってられないかもしれませんね!

あの重い足音でジワジワと追い掛け回されたら発狂するかもしれません。(;´∀`)

 

デモ版は30分までなので、画質設定を色々試す時間が無かったのが心残りですが、ゲーム自体はよくできてそうで本編のプレイが楽しみで仕方ありません。

僕が最後にプレイしたシリーズはPSのバイオ3です・・・20年!、20年の進化を見せてもらおうではないか!

 

 

グラフィック設定

グラフィックスAPI:描画に使うグラフィックスAPIの設定。

DirectX11 or DirectX12

 

画面モード:画面表示タイプの設定。

フルスクリーン、ボーダーレスウィンドウ、ウィンドウ

 

画面解像度:画面解像度の設定。

640x480

720x480 x576

800x600

1024x768

1152x864

1280x720 x768 x800 x960 x1024

1360x765 x768

1366x768

1600x900 x1024

1680x1050

1920x1080

 

レンダリング方式:レンダリング方式の設定。

通常orインターレース

 

イメージクオリティ:画面解像度に対してのレンダリング解像度の倍率設定。※そこそこVRAMを食う。

50%~100%

 

ディスプレイ周波数:モニターのリフレッシュレート。

60Hz(モニターに依存)

 

フレームレート:1秒間に描画するフレーム数の設定。

30fps、60fps、可変

 

垂直同期:ディスプレイ周波数とフレームレートの同期設定。

ON/OFF

 

アンチエイリアス:画像を滑らかに見せる機能の設定。

OFF、FXAA、TAA、FXAA+TAA、SMAA

 

テクスチャ品質:テクスチャの質の設定。※設定によっては激重!

低(0GB) 中(0.25GB,0.5GB) 高(0.25GB~8GB)

 

テクスチャフィルタリング品質:テクスチャの鮮明さ設定。

低(Bilinear) 中(Trilinear) 高(ANISOx2 x4 x8 x16)

 

メッシュ品質:3Dモデルの品質設定。

低、中、高、最高

 

影品質:影のクオリティ設定。※影はやはり重たい!

最低、低、中、高、最高

 

影のキャッシュ:動的な物体の影データを一時的にためておく機能。

ON/OFF

 

コンタクトシャドウ:細かい影の描画設定。

ON/OFF

 

スクリーンスペースリフレクション:反射の表現設定。

ON/OFF

 

サブサーフェイススキャッタリング:皮膚の質感を向上させる機能の設定。

ON/OFF

 

ボリュームライト品質:差し込む光表現の品質。

OFF、低、中、高

 

パーティクルライト品質:粒子の光表現。

低、高

 

アンビエントオクルージョン:陰影の表現。

OFF、SAOO、HDAO、HBAO+

 

ブルーム:光をぼかす表現。

ON/OFF

 

レンズフレア:レンズに写り込む光表現。

ON/OFF

 

モーションブラー:動いている物体のブレ表現。

ON/OFF

 

被写界深度:奥行きに応じたピント表現。

ON/OFF

 

レンズの歪み:レンズの歪み表現。

ON(色収差なし)/ON(色収差あり)/OFF

 

フィルム粒子ノイズ:フィルム調のノイズ表現。

ON/OFF

 

-ゲーム全般

Copyright© fumiblo , 2019 All Rights Reserved.