【バイオハザードRE2】レオン編(表) G第二形態

再びエイダの前に現れたアネット。

ウィルスを入手すると宣言したエイダを、彼女は残酷な手段で阻んだ。

 

同じ頃

失血による昏睡から回復したレオンは、

消えたエイダの足取りを追い始めていた。

 

6本目のプラグを回収・・・の前に

通路を渡るためにあえてプラグを外さなかった場所を思い出す。

「T字ハンドル」を使えばすぐに戻る事ができるので水路を抜けて「作業室」へ向かうが、またしてもG成体に行く手を阻まれる。

ここは左に寄りながらダッシュすればすり抜ける事ができる。

 

G成体をかわしたらすぐに右へ寄ってよじ登ろう。

登ってしまえば何もしてこないので落ち着いてT字ハンドルを使用、そのまま昇降機に乗って「作業室」へ。

 

作業室

通り過ぎるだけの小さな部屋だが、重要なアイテムがいくつか手に入るので取り逃しのないように!

サイドパックとフィルムは必ず入手しておこう。

床のゾンビは部屋を出ると立ち上がってくるがあえて無視してもいいだろう。

 

ここでプラグ回収・・・と行きたいところだが、道中で拾った赤いラベルの付いた鍵をここで使用できるので、先に部屋の探索を済ませよう。

Treatment Facilityと書かれた赤い表示のドアが開くようになる。

 

作業員休憩室

いたって普通のジャズフェスティバルのチラシだが、よく見ると3カ所ほど赤丸が・・・

「SZF」・・・

 

さらに辺りをよく見まわしてみると、壁に違和感が・・・ロッカーで何かを隠しているようだ。

 

ロッカーをずらすとエレベーターが姿を現す。

どうやら警察署の地下へと繋がっているようだ。

 

警察署 隠し部屋~ 「ライトニングホークのカスタムパーツ」

久しぶりに戻ってきた警察署の隠し部屋。

「T字ハンドル」を使えばメインホールへ戻る事ができる。

 

戻ってきたついでに先程の作業室で手に入れたフィルムを現像してみよう。

「隠し場所」と言うタイトルの写真が現像される。

上の写真はおそらくSTARSオフィス、下の写真は作戦会議室だろうか?

 

作戦会議室を調べても何もなかったので、2階のSTARSオフィスのデスクを調べてみる・・・

 

すると、ライトニングホーク「ケンド・カスタムショップ」と書かれた上等な木箱が出てきた!

中を開けてみると・・・

 

ライトニングホークのカスタムパーツ「ダットサイト」が入っていた。

レティクルの収縮速度が格段にアップする強力なパーツだ。

ついでにUSBドングルキーも回収しておこう。

 

そして忘れてはならないのがライトニングホークのバレルパーツ。

STARSバッジが鍵になっているので、USBをちゃんと閉まってから使用しよう。

ロングバレルは威力が増し、反動が軽減されるが武器が大型化してしまうデメリットがある。

 

とるものも取ったので下水道に戻ってルークプラグを回収、これで全てのプラグが揃ったぞ!

ちなみに「ライトニングホークのパーツなんていらねぇ!」って人は警察署に戻る必要は全くない。

 

コントロール室

そのままモニター室へ戻ってもいいが、少し迂回してコントロール室へ立ち寄ってみよう。

この鍵のかかったロッカーをここで開けてしまおう。

 

ヒントは休憩室にあったチラシの赤丸だ。

SZFと入れるとロックが解除される、中にはマグナムの弾が入っている。

 

6本のプラグをセット

掲示板の情報と端末に貼ってあるステッカーを頼りに正しい場所にプラグを挿していく。

 

この図の通りに刺せばドアが開く。

エイダ、あともう少しだ!

 

電源が落ちているのか、ゴミ集積場のレバーが機能していないようだ。

まずは主電源を回復させよう。

 

G第2形態

電源回復と同時にG第二形態が襲いかかってくる。

天井から襲いかかってくるGの爪攻撃は動き回っていれば回避可能だが運も絡んでくる・・・

自信がなければ予めブルーハーブの耐性アップを使っておくといいかもしれない。

 

天井からの爪攻撃を数回行った後、シャッターを突き破って部屋に侵入してくる。

部屋に入ってきたタイミングで横をすり抜ければノーダメージで通路に進む事ができる。

 

奥へ進むと大型のコンテナとそれを操作するパネルが見つかる。

1回押すとコンテナが離れて行き、もう一度押すとコンテナをこちらに引き寄せる事ができる。

この動きを利用して、大型コンテナをGにぶち当てて倒すことになります。

 

お勧めは高威力の火炎放射器で敵が怯んでいる間にコンテナをぶち当てる戦法。

あっという間にボス戦終了です。

 

ゴミ集積場~研究所

ようやくエイダと合流、足に刺さった異物を取り除いて研究所直通のケーブルカーで移動することに。

 

レオン「つかまって」

エイダ「調子に乗らないで」

レオン「助けようとしただけだ」

エイダ「助けたいならNESTへ行きましょう」

レオン「NEST?」

エイダ「アンブレラの研究所 この下にある」

 

エイダ「アネットが言ってた ウィルスのサンプルがあるって・・・どう? つきあう?」

レオン「他に予定もないしね」

 

ケーブルカーに乗り込んだ二人・・・

エイダ「この先は片道切符よ 覚悟はいい? レオン」

レオン「俺は許せない アンブレラに乗り込んで一刻も早く処罰すべきだ」

エイダ「ええそうね、でもあなたは正式に任命されてない これはFBIの仕事 Gウィルスが手に入ったら私がやるわ」

「ねぇ 私を信じる?」

レオン「そっちは?」

 

エイダ「もちろん、でなきゃ あなたは死んでる」

レオン「そうか・・・」

エイダ「あなたの助けがいるの 今こそね」

「Gウィルスをお願い こんな悲劇は二度と繰り返したくないの」

レオン「エイダ、弱気になるな」

エイダ「レオン 私を見て、まともに動けない・・・あなたが最後の希望なの お願い」

レオン「君を置いていけない、もし襲われたらどうする」

 

エイダ「平気よ 私なら大丈夫」

「見届けたいの 事件の結末を・・・」

「それからあなたの事もね・・・」

 

エイダからリストバンド(キーカード)を受け取り、研究所へ乗り込むレオン。

戦いはこれからだ!


 

次へ→バイオハザードre2】レオン編表 研究所探索

前へ←【バイオハザードRE2】レオン編(表) 下水道~G成体

コメントを残す