【Insurgency:Sandstorm】アップデート情報 MP5やLMG、チームデスマッチが追加!

インサージェンシー・サンドストームにアップデートが入りました!(バージョン1.1.0.76986)

アップデートでなにが変わったのか早速見てみましょう!

シューティングレンジが正式に追加

シューティングレンジ、いわゆる射撃練習モードが正式に追加されました!

これまでのシューティングレンジは開発者向けな感じが強く、痒いところに手が届かないとこがあって若干不便でした。

しかし、今回のアップデートで追加されたレンジは「レンジマスター」と言う全ての装備を扱う事ができる専用クラスが追加され、航空支援の要請もできるようになりました!

【Insurgency:Sandstorm】シューティングレンジを利用して射撃練習!

オブザーバーが常駐しているので航空支援の練習ができるようになった!

セキュリティーとインサージェントの陣営を切り替えれば航空支援の内容も変わります。 双眼鏡の装備も忘れずに!

「クラス」の選択画面で右の方にチーム変更が可能なボタンが追加されています。

クールタイムの減少でストレスなく様々なクラスや武器に切り替えて射撃練習を楽しむ事がでる。

細かい仕様変更として、ロードアウトやクラスを変更した際のクールタイムがほぼなくなりました。

これまでの仕様だと武器を変更するたびに長いクールタイムを待たなければならなかったのでとても快適です。

新たに追加された武器

セキュリティー側

MP5A5:コスト3

低反動、高レートの扱いやすいSMG。
MP7よりいろんな面で融通が利くかもしれない優秀な武器、3点バーストも備えている。

M240B:コスト4

各陣営に1種類しかなかったLMGに選択肢ができたのは嬉しい。
扱いやすさではM249に劣るが7.62mmの威力はバッチリ!
ちなみにLMGはサプレッサーの装着が可能になったようです。

PF940:コスト3

装弾数17発の9mm拳銃、拡張マガジンを選択すると31発にまで増える。
遭遇戦の苦手なクラスには良い選択かもしれない。

インサージェント側

MP5A2:コスト3

基本的にはセキュリティー側のMP5A5と同じ性能だが、こちらには3点バースト機能が備わっていない。
4倍サイトの選択肢はこちらの方が多い。

MG3:コスト3

装弾数50発と少なめなので拡張マガジンは必須か?
今回のアップデートでLMGのADS速度が遅くなり、サプレッサーが追加された辺りを見るに、定点キャンパーとしての色をより前面に出していきたいのかなと思えてきます。

新武器ではないですが、AK74やAKMにバイポッドが追加されていました!

フォアグリップ無しでもリコイル制御ができる人なら遠距離用にバイポッドを選択するのもアリかもしれません。

※フォアグリップとバイポッドの併用はできません。

チームデスマッチ

12vs12のシンプルなチームデスマッチが追加!

新たにチームデスマッチが追加されました。

先に150キルしたチームが勝ちと言うシンプルなルールで、敵にやられたら即座にリスポーンします。

チームデスマッチ専用クラス「FRAGGER」

チームデスマッチにはクラス選択がなく、フラッガーのみとなりますがほぼ全ての武器を使用できるようです。

CoDに近いプレイスタイル。

リスポーンは結構バラけ気味で、基本的には味方の近くで湧くのですが稀にマップの反対側で湧くこともあったりします。

ゲーム展開はスピーディーで、敵のスナイパーやキャンパーを迂回しやすいのでストレスが溜まりにくく、良い意味でカジュアルなゲームモードに仕上がっている印象を受けます。楽しい!

MP5が使えるFPSって昔と比べると結構減ってきているのでメッチャ嬉しいです。( *´艸`)

キャラクターカスタマイズもいくつか追加されていてスカルマスクなんかもあるようです。

CS版発売前に完成度をどんどん高めていってほしいですね!



			
					

コメントを残す