【SubstancePainter】BlenderでIDマップを作ろう。

SubstancePainterで作業する際にIDマップがほぼ必須だったので、BlenderでIDマップを作ってみました。
作り方はいろいろあるのですが、今回はおそらく一番簡単に作れるであろうやり方をメモしておきます。

SubstancePainterは素材ごとにマテリアルを分けておくのがベターなようです。
なので今回はパーツの質感に合わせてマテリアルを複数作っていきます。

サイト、レールマウント、サプレッサー、バヨネット、ブレードの5つに分けてみます。

まずはバヨネットの刃から。
①ブレード部分を選択。
②「+」→NEWで2つ目のマテリアルを追加。
③ブレードを選択した状態で「assign」を押すと、選択したメッシュの部分のみにマテリアルを割り当てる事ができる。
④「 Diffuse 」で分かりやすく色分けしておく

同じ要領で他のパーツ分のマテリアルを追加していきます。
マテリアルを設定できたら次はベイクです。

UVを予め展開しておき、Bake→Textureを選択。
Marginは1~3px辺りに設定しておきます。

ベイクしたテクスチャは分かりやすい名前で保存。
こいつをIDマップとして利用します。

最後にメッシュもobj形式でエクスポートするのですが、先程作ったマテリアルを消して、1つだけの状態にしておいてください。

SubstancePainterはマテリアルごとにテクスチャをエクスポートするので、マテリアルを1つにまとめておかないと後で面倒なことになります。

SubstancePainterに移って、「ファイル」→「Import resourceses…」からIDマップを読み込みます。
読み込ませたらドラッグ&ドロップでテクスチャリストにセットします。
後はマスクをかけたいオブジェクトにピックカラーで選択するだけ。

コメントを残す