【Substance Painter】Fallout4用のエクスポート設定

SubstancePainterでの見た目とFallout4のゲーム内での見た目を近づけるためのエクスポート設定をメモ。

youtubeでエクスポート設定の動画を2つほど見つけました。

normal mapの設定が「OpenGL」か「DirectX」かの違いはありますが、それ以外は全て同じようです。

と言うことで、この動画を参考に実際にエクスポートしてみたのですが、SubstancePainterでの見た目とゲーム内での見た目が全く違っていたので、エクスポート設定を見直すことにしました。(特にスペキュラーが酷い。)

色々調べていくうちにこの設定に辿り着く・・・
どうやら「これが正解」と言うのは無いようで、人それぞれエクスポート設定が違うようです。

ディフューズ:RGB→Diffuse (RGBチャンネル)
スペキュラー:R+G+B
R→Specular(グレーチャンネル) G→Glossiness(グレーチャンネル) B→なし
ノーマル:RGB→Normal DirectX(RGBチャンネル)

この設定でエクスポートしてみると、上に上げた動画の設定よりいい感じな見た目になってきました。
が、いくつか修正を必要とする箇所があります。

Gimpでノーマルマップを見てみると、Gチャンネルがおかしいっぽいので「諧調の反転」でGのみ反転してみる。

たぶんこれでOKだろう・・・
TESやFalloutで使用されているGamebryoは+X -Y +Zになるようです。
SubstancePainter側でチャンネルの変更はできないのだろうか?

次はスペキュラーの調整。
各チャンネルを確認してみると、ブルーチャンネルが真っ黒になっているのでこれを反転してやる。

バニラテクスチャと同じように青いマップになりました。
スペキュラーとノーマルはBC5/ATI2(3DC)で、ディフューズはBC1/DXT1でエクスポートします。

ディフューズは特に触る必要はないですが、Fallout4内だと明るめで表示されてしまうようなので、全体的に暗くしてやるといい感じになるようです。

左がCreationkit、右がSubstance、さすがにそのまんまとはいきませんでしたが、なかなかいい感じになってきています。

もうちょっと試行錯誤してみようと思います。
今回の設定で参考にしたのはこちらのフォーラムです。↓
https://forums.nexusmods.com/index.php?/topic/4700175-fallout-4-texture-system/
https://forums.nexusmods.com/index.php?/topic/3466320-textures-workflow-substance-painter-and-neosis/

コメントを残す