【バイオハザードRE2】クレア編(裏) 研究所:イーストエリア

研究所:仮眠室

最初のリストタグの入手は1stシナリオと同じで、仮眠室のシャッターからはみ出ている職員の死体から手に入る。

研究所:メインシャフト

2ndシナリオの場合は、メインシャフトに入った時点で信号変調器が手に入る。
すぐに仮眠室へ戻れば早い段階でサイドパックを入手できるぞ!

特殊部隊員のレコーダー
ーアルファーチームからゴーストへ。
対象がウェストエリアへ移動。
G-サンプルと抗ウィルス剤を回収する模様。
 
ーゴースト、了解した。ポイントW-3で待機する。
そっちも向かってくれ。
 
ー了解。
 
ーこちらアルファ、目標地点に到着。
ー了解。
そのまま待機せよ。
 
ーアルファ、対象が現れた。
保管庫を開けるぞ。
 
ーわかった。
合図を待つ。
 
ーG-ウィルスを確認。
ー突入する。
ーバーキン博士、我々と来てもらいたい。

レコーダーから抗ウィルス剤がウェストエリアにあることが判明した。
しかし、ウェストエリアにアクセスするには上級職員の権限を持ったリストタグが必要になる。

まずはイーストエリアから探索だ。

研究所:ファレンスルーム

上級職員のリストタグを持った職員が巨大植物に叩きつけられたままになっている。
このリストタグをなんとか利用できないだろうか・・・

クレアの場合、イビーを完全に倒すには火炎弾でとどめを刺すしかない。
ハンドガンで弱点を狙い、ダウンしたところを火炎弾で焼いてしまおう。
最初から倒れているイビーに火炎弾を当てると1撃で倒すことができる。

研究所:温室管理センター

この装置で薬液を散布できるようだ。
散布装置用カートリッジを取り出して薬液(枯死剤)を補充してくる必要がある。

研究所:温室

下へ続くハシゴを利用するには、ここに表示されているコードを温室管理センターで入力してやる必要がある。

研究所:薬品実験室

<プラント43枯死剤の製法>
1.空のカートリッジを薬液充填機にセット。
2.UNB No21(P-ε)を規定量注入。
3.急速に冷却する
 
プラント43の成長速度は驚異的であり、
万一の事態が起きた場合、制御は困難である。
非常時は上記製法を用いて枯死剤を
散布し、被害を最小限に留めること。

研究所:ラウンジ

恐らく研究所内で一番厄介なエリアであろうラウンジ。
リッカーにナイフが有効なのを知ってからは随分と楽になりました。
コンバットナイフはサーバールームに一本置いてある。

研究所:低温実験室

差出人:リックメンドーサ
件名:なにをやらかした?
 
本文:カートライトの野郎、えらい剣幕だったぞ。
ほどほどにしとけよ。あれでも上司だ。一応な。
ところで、俺のかわいい二重螺旋ちゃんを知らないか?
あの子は俺の秘密を尻に敷いてるんだ。
見かけたら教えてくれ。

 
差出人:バイロン・カートライト
件名:ずいぶん忙しそうだね
 
本文:私とのミーティングをすっぽかすとは。
温室の視察には、君は来なくてよろしい。
代わりに簡単な仕事を上げよう。
再来年の予算案をまとめておいてくれ。今夜中に。

 
差出人:リック・メンドーサ
件名:生きてるか
 
本文:襲撃だ。もう死人が出た。
このイーストエリアは孤立してる。
こちら側から連絡橋を再稼働させるためには、俺たちのリストタグじゃダメだ。
くそっ、カートライトのアホはどこに隠れてるんだ。

 
差出人:リック・メンドーサ
件名:返事をくれ!
 
本文:プラント43が暴走してる。温室は地獄だ。
最悪なのは、俺たちの中の誰かがあの場所に突っ込んでかなきゃならないってことだ。
ウェイン、担当のお前なら暴走を止める方法も知ってるだろ?頼む、返事をくれ。

 
差出人:リック・メンドーサ
件名:なし
 
本文:チアリーダーのスージー。覚えてるか。
いい女だったよな。お前も俺も夢中だった。
もっとも、彼女はオタクには目もくれなかったけど。
お前に借りたコミックとゲーム、返さなきゃ。
全部後回しだ。黄色いドレスが俺を待ってる。

低温実験室でコードが記載された置物が手に入る。
これで 枯死剤 を制作できる。

急速冷凍して完成した 枯死剤 を散布し、上級職員のリストタグの入手に成功した。
これでウェストエリアにアクセスできる。
レオン編ではここでタイラントが登場したが、クレア編では出現しないようだ。
その代わりにイビーが再配置されている。

差出人:ウィリアム・バーキン
件名:【重要】セキュリティ強化の実施

本文:NESTはいつから産業スパイの巣になった?
先月は3人、今月は4人だ。わかっているだけで。
セキュリティを強化しろ、カートライト。
君は前任者のようになりたくないだろう?

それから、本日よりウェストエリアの立ち入りを制限する。
本社からGに関する情報開示要請を受けても無視しろ。どうせ奴らにはなにもできない。

差出人:自動送信メール
件名:【警告】不正な操作が実行されました

本文:イーストエリアにおいて、権限を保持しない職員による 枯死剤 の散布が実行されました。


04:51AM Wayne Li

次へ→【バイオハザードRE2】 クレア編(裏) 研究所脱出

前へ← 【バイオハザードRE2】クレア編(裏)  シェリーとの再会

コメントを残す