車中泊 マット

更新日:

タントで車中泊する時に使ってるKingCampエアマットの紹介です。

まずKingCampってどこのメーカーなんだろう?と調べてみると中国・北京のアウトドア用品メーカーなんだと。
お店では全然見ないけど通販ではちょいちょい見かけますね!

僕が初めて軽自動車(タント)で車中泊した時はエアマットを持っておらず、コールマンのシェラフのみで寝泊まりしてましたが、床がゴツゴツして寝心地が悪いのでエアマットを購入することにしました。

幅の狭い軽自動車でも使用できるサイズを探したところ、この二つに行きつきました。
FIELDOOR(フィールドア)の5㎝厚エアマット 200cmx63cm  ¥6,450
KingCamp(キングキャンプ)の3.8㎝厚エアマット 190cmx60cm   ¥3,680

最初はFIELDOORの方を買う気満々だったんですが、収納時に縦長になって場所を占有してしまうのと、耐久性に不安があったので見送ることに。
一方KingCampは安いうえに口コミを見る限りでは耐久性も問題なさそう。
その代わりに 厚さ サイズ 質 がワンランク下がるといった感じでしょうか。
僕は耐久性を重視していたのでKingCampをポチりました。

 

ついに到着!大きさ比較用に洗剤と一緒にパチリ☆彡
とても小さい!これなら軽自動車でも余裕で積めますね!(*'ー')

 

さっそく袋から取り出してみる。
エアマット本体 ゴムバンドx2 リペアキット ふむ、説明書はないんだね('ー')

 

バルブを開けてエアーを入れてみる。
自動膨張式なのでほっといたら勝手に膨らんでいく! すばらしいぜ!☆
3~4分くらいでこの状態になった。 速いじゃないか!15分くらい待つものだと思ってたよ。

 

でも少しシワが残ってますね。
空気量が足りない感じなので直接息を吹き込んでみよう。

 

一吹き~二吹き程度でこの通りパンパンに膨らみました! 完全自動でここまで膨らめば文句なしでしたが、まぁ3.8㎝厚だしこんなもんでしょうよ!

 

このように片端は厚めに作られており、枕として機能します。( *´艸`)

 

実際にタントに敷いてみました。
今までは足をフロント側に向けて寝ると頭が下がったような感じがして寝付けなかったのですが、エアマットを敷くと枕がいい感じに頭を持ち上げてくれてハンモックのようで寝やすいし、下のゴツゴツ感も全く感じません。 これは良い買い物をした(∩´∀`)∩

 

KingCamp 自動膨張式エアマット 3.8㎝厚
個人的評価(5段階)

商品価値 ★★★★☆
お勧め度 ★★★★★

OH! 値段の割にかなり高評価だ! でも正直に点数付けましたよ☆
エアーマットに何を求めるかで評価は違ってくると思うし、僕にとって初のエアーマットで比較対象がないから満点になってしまったけど、本当に不満がない。

僕的にはキャンプや車中泊は不便さも楽しむものだと思ってるので、寝心地が良い悪いにはあまり興味がなくて、最低限 床のゴツゴツ感を感じずに寝られるなら十分だと思っている。

今のところ強度に問題はないしコストパフォーマンスにも優れていてお勧めしない理由がない。
強いて言うなら自動膨張のみだと空気量が少し足りない事だろうか。
しかし 追加で一吹きしてバルブを閉めればパンパンになるので欠点と言うほどの事ではないだろう。

座った時にお尻が沈んで底に当たってしまうことがあるが、横になった時は全く問題ない。
車中泊を始めようと思っている人に文句なしでお勧めできる商品だ。

-レジャー・アウトドア

Copyright© fumiblo , 2018 All Rights Reserved.