【creation club】スローカムズジョー・ワークショップ レビュー Coffee and Donuts Workshop Pack【Fallout4】

Coffee and Donuts Workshop Pack

【期間限定】600→300クレジット

半額になっていたので購入してみました!早速レビューです(*´ー`*)

 

ゲーム開始と同時にクエストが発生、「スローカムズ・ジョー」が開始されます。

目的地はスローカムズ・ジョー本社で、新たに追加されたオブジェクトが配置されていたりと若干変更が加えられています。

マーカーに従って2階のオフィスに入ります。

 

 

新衣装として、スローカムズ・ジョーのユニフォーム&Tシャツとバイザーが追加されています。

隣の箱にはドーナツやコーヒーを作るのに必要な「ドーナツミックス」と「エスプレッソ缶」、ワークショップアイテムを開放する「フランチャイズ キット」が入っているので入手しておきましょう。

 

 

エスプレッソ缶はジャンクアイテムでコーヒーを作る材料になります。

ドーナツミックスはドーナツを作る材料になるのですが、そのまま食す事もできる模様。粉を食ってるんだろうか?w

これらは連邦中のコンテナから拾う事ができ、ドーナツミックスはレイザーグレインとシュガーボムで作る事もできる。

レシピがかなり増えるのでゲーム性も変化し、いつもとは違ったロールプレイも楽しめるでしょう。

 

 

「フランチャイズ キット」を入手する事でワークショップアイテムが解放され、クエスト「スローカムズ・ジョー」が完了します。

 

 

2つのクラフトステーションが追加されます。

こちらはコーヒーステーションは「コーヒー」と「ティー」の2種類のaidアイテムを作成でき、大半のコーヒーは「エスプレッソ缶」と「きれいな水」を必要とします。

ティーは「きれいな水」と「ブラッドリーフ」や「ハブフラワー」等のハーブ系を必要とします。

レシピが増える事で素材の使い道が増えるので錬金術系ロールプレイが捗りますね!

 

 

もう1つはドーナツフライヤー。

専用アニメーション付きで揚げたての美味しそうな音がします。( *´艸`)

追加されるドーナツもかなりの数があり、真のスイートロールも作れます!

 

フュージョンフライ5000と言うマスフュージョン製のフライヤーのようです。こーゆー細かい設定大事よ!

目を引くのは隣の表示「HIGH RADIATION」これ絶対やばいやつw

スローカムズジョー自体は割とまとも?な企業っぽいですが、結局こういった所でマスフュージョンと繋がりを持ってしまっています。

 

 

追加アイテムの「バラモンミルク」もよく見えないけどなんか書いてありますね・・・ほんと細かい所までよくできてます。

真のスイートロールはオリジナルサウンド付き!一度落として拾い上げてみましょう。

 

 

ドーナツ型のスタチューにスローカムズジョーの看板、ポスターがとっても良い!メニューの看板はどれもお気に入り。

日よけも色々と応用が利きそうでgood!

そして何と言ってもガラス付きの壁ですよ!恐らくですが、壁と屋根が追加されるクリエーションはこれだけではないでしょうか?

しかも内側と外側で見た目が違うこだわりよう。言う事なし!買ってよかったです。

 

 

電力供給すれば夜もバッチリ!誰でも簡単にドーナツショップが作れます。

 

 

看板がどれも素晴らしいです。公式DLCこれにした方が良かったんじゃないのかってくらいよくできています。

ちなみにガラスドアは自動で閉まってくれます。これ凄い便利で入植者が出入りしても開けっ放しって事がなくなります。

 

 

店のカテゴリーにカウンターが追加されており、キャップを払って設置し、NPCを配属する事ができます。

 

ユニフォームのTシャツ版。

 

 

お気に入りのメニュー看板。

 

 

フライヤーの音を聞いてると本当に食べたくなってくるんですが、出来上がったものを見ると食欲がなくなってくるのはなぜでしょう?w

戦前の人達はこの毒々しい高カロリーなドーナツをヌカコーラクアンタムで胃に流し込んでいたんだろうな。色々とヤバイ

 

忘れてはいけない、パワーアーマーのスローカムズジョーペイント!

こちらはトッピング入りのピンク塗装。

 

 

こちらはタンカラー。個人的にはぶっ飛んだピンクがお気に入り。


 

ボリューム満点なコンテンツなので安くなっていたら絶対に満足できるはずです。(定価はちょっと高いw)

特にレンガ壁はデザイン面で優秀なのでモダンな家を建てるのにも使えるかもしれません。

ゲーム性に関しても新たなショップやステーションが追加され、レシピや消費アイテムもたくさん追加されるのでいつもと違った連邦を楽しめて高評価。

「キャプテンコスモス」と同様、戦前の企業のブラックさや裏の顔を垣間見る事ができる貴重なコンテンツです。

コメントを残す