【creation club】拠点防衛力が試される!Settlement Ambush Kit レビュー

更新日:

Settlement Ambush Kit

900クレジット

ビーコンやルアーで敵をおびき寄せ、拠点襲撃を意図的に発生させるコンテンツで、Fallout4に新たなチャレンジを提供してくれます。

公式公認コンテンツなので難易度はマイルドだろうなと思っていましたが、実際は結構ぶっ飛んだゲームバランスになっていて挑戦的で好感が持てます!

個人的な感想ですが、今まで購入してきたクリエーションの中でもぶっちぎりで楽しいです!いやほんとに・・・

 

 

敵を釣る

まずは敵を釣る装置を設置します。カテゴリーは一番右のクリエーションクラブから入ると楽です。

レイダーやガンナーを釣りたい場合は「Fake Disstress Signal Beacon」を起動。野生動物やクリーチャーを釣りたい場合は「Fresh Meat Lure」を起動します。

電力を供給してスイッチをONにするとすぐに襲撃が始まります。ミニッツメンの駆けつける時間より早いぞ!

 

 

襲撃と同時に「The Endless War」が開始されます。

左に注目。スーパーミュータント vs サンクチュアリ ラウンド1-1と表示されています。

襲撃してくる敵はカテゴリーで分かれているので、全チャレンジのコンプリートはかなりの時間を要するでしょう。

 

 

フラッグをアンロックし、次のラウンドへ

襲撃はウェーブ制で10ウェーブまで戦い抜くとボスが出現。

そのボスを倒すとラウンド1クリアとなり、ラウンド2へ挑戦するためのフラッグがアンロックされます。

フラッグの種類は敵のタイプごとに存在するのでコンプリートはなかなか大変。

 

 

これがラウンド1クリアの証となるので、ラウンド2へ挑戦する場合は拠点にフラッグを設置してから敵を釣りましょう。

これを設置しないと次回の襲撃もラウンド1のままになり、次のレベルに挑戦できません。

 

 

監視カメラの仕様

カメラは好きなだけ設置する事ができます。

首を振る事は出来ないので戦闘がおこりやすい場所に複数設置しておくといいかもしれません。

ワイヤーを繋げたら次はモニターを設置します。

 

 

モニターは離れた拠点の映像を見る事ができます。例えば、ヌカワールドにいながらサンクチュアリの様子を見てみたり。

その場合、ファストトラベルと同じように長いロード画面を挟みます。

これはサバイバルモードで真価を発揮するのではないでしょうか?

離れた拠点で発生した襲撃を放置した場合、勝敗は確率で決まるので防衛に力を入れていても負ける時は負けます。

ですが、プレイヤーがカメラを通して実際に戦闘を観戦する事で、確率ではなく実際に戦闘で勝敗を決めるようになるので、ちゃんと防衛に力を入れておけばほぼ確実に勝てるかと思います。

わざわざ拠点に将軍様が出向く必要はないと言うこと!モニターで監視しとけばOK!

 

 

残念ながら画面は動かせないようです。

拠点内にカメラを複数設置している場合はEキーで切り替えが可能。Zキーで一つ前のカメラへ切り替え。Rキーで終了。

モニターを使用するとファストトラベルしたのと同じように時間が進んでいた問題を公式が修正したようです。

修正前はモニターを使用するだけで腹が減ったり睡眠不足になったりと、サバイバルモードでの使用を躊躇ってしまう仕様でしたが、アップデートによってデメリット無しで使用する事ができるみたいです。(∩´∀`)∩

 

 

バリケード

結構重要だと思ったバリケード。

追加されたジャンク壁と監視塔はスナップしてかなり使いやすいです。地面に沈むタイプなので場所を選ばず設置しやすく、角度をつける事もできます。

お好きなデザインの有刺鉄線も追加してデコレートできます。

ストレートタイプのジャンク壁は床がスナップするので自由に足場を構築できます。

 

火力も大事ですが、撃ち漏らした敵に侵入されてジェネレーターやビーコンを破壊されると敗北になるのでバリケードで入り口をふさぐのはかなり重要です。

それが原因で何度か敗北しました。こうやって試行錯誤してる時が一番楽しい。(*´ー`*)

 

 

シューティングレンジ

シューティングレンジは幸福度が上がる娯楽施設な扱いです。

的はヒットさせると回転する仕組み。

本格的なシューティングレンジとしては少し物足りない感じです。

 

 

周辺の入植者が使用してくれるので雰囲気出ていい感じです。しかし発砲音のせいで戦闘が始まったと勘違することもしばしば・・・

 

 

小物類

飾り用のオブジェクトとして、砲弾やミニニュークケース、土嚢が追加されます。

土嚢はカバーアクションで使えるかもしれませんね!

 

 

問題点

ラウンドが増すごとに表示数が多くなるのでFPSの低下は避けられません。

2ラウンド位なら何とか大丈夫ですが、4ラウンド辺りから画面がカクカクでまともにプレイできなくなります。(PCスペック次第?)

その場合、時間を進めるなどしてセルリセットしないとまともに遊べないのでそこが残念ですね。

この辺は何か対策してほしかったです。

 


 

このコンテンツの出来はかなり良いと思います。

カメラの仕様や死体がなかなか消えないのは改善の余地ありですが、拠点防衛をテーマとしたコンテンツとして上手くまとまっていて無駄な物が殆どありません。

値段が高いのがネックですが、それを吹き飛ばすくらいの魅力は持っていると感じます。

拠点に興味のない人でも全然楽しめるし、むしろ新しい楽しみ方を発見できるかもしれません。ストーリーそっちのけで全拠点制覇の旅に出かけるのもいいかもしれませんね。

こんなに熱中できたコンテンツは久しぶり!

-creation club, Fallout全般

Copyright© fumiblo , 2018 All Rights Reserved.