【AXENT WEAR】意外と多機能! サイバーニャンコになれる猫耳ヘッドフォン

投稿日:

見た目だけじゃない!猫耳ヘッドフォン「AXENT WEAR」

出典:amazon

アメリカのBrookstone社製猫耳ヘッドフォンAXENT WEAR2世代目モデルの紹介です。

猫耳大好きなアリアナグランデモデルで有名な「AXENT WEAR」ですが、この商品が出た当初は輸送費込みで3万以上もしていたのでなかなか手が出せませんでしたが、日本での取り扱いも開始されて値段もだいぶ落ち着いてきたようです。

 

このヘッドフォンの特徴は言うまでもなく「猫耳」なのですが、猫耳ヘッドフォンなら他にもたくさんある訳ですよ。3000円以下のものもあります。

でもこのヘッドフォンは猫耳だけじゃないんだニャ!

 

 

外に流せる猫耳型スピーカー

出典:amazon

このヘッドフォンの凄い所は猫耳部分にもスピーカーが内蔵されている所です。

通常の密閉型ヘッドフォンとして使用したり、猫耳スピーカーから音楽を流したりと色々な使い方ができるんです!

もちろんスピーカーの切り替えは可能。

購入者のレビューだと、猫耳スピーカーの音質はそこそこで低音が物足りないと感じる人もいるようですね。鑑賞用としては向いてないかもしれません。

 

付属のマイクを取り付けることで通常のゲーミングヘッドセットと同様の使い方が可能。

面白い使い方として、通話中の相手の音声のみを猫耳スピーカーから流す事ができます。

例えば、お泊り会でPUBGをプレイするとしましょう。

通常ならヘッドフォンを装着している本人にしかゲーム音やボイスチャットは聞こえませんが、猫耳から音声を流せば隣にいる友人達にもゲーム音やボイスチャットの内容が伝わるので楽しさが増します!プレイヤーはヘッドフォン装着でガチモードを維持できます。

 

 

8色5パターンのイルミネーション

出典:amazon

メインスピーカーと猫耳スピーカーの部分は発光し、本体内蔵のボタンで8色から選択可能。

ライティングパターンも豊富で「常時」「呼吸」「循環」「点滅」「リズム」の5パターンでゲーミングデバイス定番のライティングエフェクトが楽しめます。

5時間の連続使用に耐える電池が内蔵されているので、充電しておけばワイヤレスでの使用が可能。朝の通勤電車でこのヘッドフォンを装着すれば目立つこと間違いなし!

 

付属の3.5mmジャックを使用すればスマホやmp3プレーヤーに入れた音楽を楽しむ事ができます。Bluetooth対応なのでジャックの付いていないiphoneでも安心です。

電源ボタンが本体に内蔵されているのでコードを抜き差しする必要が無いのもとっても便利!スイッチングハブを買う必要がないのはありがたいですね。

 

通常のゲーミングヘッドセットは、「使わない時は光らない」「使っている時はライティングが見えない」と、使用者がイルミネーションの恩恵を受ける事は殆どありません。

ですが、こいつはスピーカーとしても利用できるので、Bluetoothでペアリングして音楽を流せばイルミネーショを楽しむ事ができます。good!

 

重量はスーパーヘビー級

このヘッドフォンの一番の注意点は重量です。重量はなんと1.18kg!! 通常のヘッドフォンが300~500gである事を考えると相当重いです!(;'∀')

長時間使っていると首が疲れてくる可能性があります。

とは言え、高評価なゼンハイザーのゲーミングヘッドセットも900gくらいあるので重すぎて使い物にならないなんて事はないでしょう。

サイズは若干ワイドな感じで、装着している人を見てみると、こめかみ付近に隙間ができている方が結構います。

重い&ワイドなので小顔の人はサイズ感をよく確認したほうがいいかもしれません。

 

 

メインスピーカーの性能は?

見た目が強烈なのでどうしてもネタ色の強いガジェットといった印象を持ちがちですが、意外としっかり作られているようで、レビューを見る限りではなかなか低音が利いてて悪くないそうです。

音質を期待して買うと普通かもしれませんが、猫耳を期待して買うと思いのほか音質が悪くなかったと言った意見が多いようです。

密閉型で音漏れも特に問題なし。イヤーパッドはフカフカで押し付けられるような痛みはない模様。むしろワイドなのでズレ落ちないか心配。

音楽鑑賞と言うより、ゲーミングやチャットなど、PCでの使用を前提に作られているようなので音質にこだわる方は慎重に。

-ゲームデバイス

Copyright© fumiblo , 2018 All Rights Reserved.