【Fallout76】プレイ動画解禁!

Fallout76のプレイ映像が公開されてます!

Fallout76がどのように進化しているのかがバッチリ分かる内容になっています(∩´∀`)∩

 

VATSの仕様

VATSとはターゲットを選択するだけで自動で狙いをつけて攻撃してくれるシステムで、過去作では発動時にスローモーション、または時間が停止し、狙う部位を選択すると自動で攻撃する仕様でしたが、Fallout76ではオンラインプレイ化に伴い仕様が大幅に変更されています。

・スロー、時間停止、VATSカメラはなし。

・部位選択は出来るが、狙っている部位しか命中率が表示されない。

・ターゲット選択中もキャラクターの移動が可能。

・攻撃回数は一回まで? 連続攻撃は出来ないかもしれません。

・クリティカルゲージは存在。攻撃が成功するごとにゲージが溜まっていく。

 

サバイバル要素

今作ではデフォルトで「渇き」「飢え」「病気」の要素が実装されています。

Fallout4と同じ仕様なら「喉の渇き」は水やヌカコーラ、スイカやヌードル等の一部の食料品で渇きを癒す事ができます。

「空腹」は殆どの食料品で満たすことが可能ですが、時間の経過で腐っていくようなので前作より重要性は増しているかもしれません。

薬物やスティムパックを使用した時の「喉の渇き」や「空腹」は今作でもあるっぽいですが、その度合いは微々たるものでFallout4のサバイバルモードほど極端なものではないようです。

ちなみに「RADaway diluted」と言うアイテムもあるようなので、通常の物と効果に違いがある可能性があります。

「睡眠」は確認できていません。

今作ではベッドに寝るとそのままベッドで横になり、リアルタイムでHPが回復していく仕様になっているため、時間を進める事は出来ません。「睡眠」の要素はないのかもしれませんね。

 

 

武器

動画を見る限りでは10mmサブマシンガンのようなものを確認できます。

プレイヤー同士のトレード画面ではプラズマコアと言った弾薬も確認できます。プラズマキャスターとか出てくるんでしょうか?( *´艸`)

みんな大好き!? ポンプアクション式ショットガンが遂に登場!(∩´∀`)∩

しかもリロードはちゃんと一発づつ装填するタイプで、リロードキャンセルも可能。ファーハーバーのレバーアクションライフルのような酷い仕様ではないようです。よかったよかった!

近接武器もたくさん増えてますね!

農作業用のフォークを魔改造したようなものもあり、攻撃モーションも新しいものが使われていますね。

投擲武器はグレネード以外にも投げナイフが確認できます。緊急用の攻撃手段として普通に使いやすそうでした。

基本的に前作に登場した武器は全て(ユニーク含む)登場するようで、テスラライフル等のDLCアイテムも確認できます。

 

 

クラフト

武具の制作や強化を行う「武器作業台」「アーマー作業台」、食品や薬品を作成できる「クッキングステーション」「ケミストリーステーション」、そして新たに「Tinker’s Workbench」が追加されています。

「Tinker’s Workbench」は弾薬の作成が行えるツールで、実弾系だと「ガンパウダー」「鉛」「鉄」が必要になってきます。

新アイテムとしてクロスボウボルトや40mmグレネード弾、プラズマコアが確認できます。

今作ではCND(コンディション)ゲージが復活しており、過去作と同じであればアイテムを使用し続けていると劣化していき性能が下がったりします。

修理は各作業台で行い、いくつかの素材を必要とします。

ニコイチ修理ではありません。

 

マップ

マップサイズは前作の約4倍以上との事なので歩いて横断すると1時間以上は確実にかかりそうですね(;’ー’)

Fallout4の高密度なマップに比べると開放的で建物が少ない印象ですが、その分オブジェクトの配置が凝ってて従来のベセスダマップに戻ったような印象を受けます!

全体マップ見るとメッチャワクワクしてきますね!BGMも不安を煽るような感じではなく、ウェストヴァージニアらしい雄大な大自然を感じるようなアレンジで癒されます。

サーバーごとのプレイヤー人数は最大24人程度とされているようですが、様子を見て調整するようなので変わってくるかもしれません。

 

レベルアップシステム

レベルアップするとS.P.E.C.I.A.L.(ステータス)の値を強化できるようになります。それと同時にパークパックを入手、そこで得たパークをセットしてパークの恩恵を受ける事ができます。

ただし、パークカードにはコストが設定されているので上限なしにセットできる訳ではありません。

例えばSTRが5であれば、STR用パークカードの合計コストが5以内である必要があります。

トレーディングカードなので当然カードがだぶる事も出てきます。その場合は同じカードを合成して効果レベルを引き上げる事ができるようです。

それでも長い事プレイしてると余ると思うのですが、人に売る事は出来るのかな?

 


 

まだまだ新要素は沢山ありますが、今回は特に気になったものをピックアップしてみました。

動画を見ただけなので何とも言えませんが、敵対的なプレイヤーから先制攻撃を受けてもダメージは殆ど通らず、リスポーンもお手軽だったりとPvP要素はかなり抑えてある印象を受けます。

世紀末なゲームだけど殺伐とした雰囲気を感じない不思議なゲームになりそうな予感。入るサーバーによって治安も変わって来るのかな?

コメントを残す