【バイオハザードRE2】レオン編(表) バイオ2の象徴「リッカー」登場

更新日:

ヘリの墜落でゾンビだらけに!

ヘリ墜落時の爆音でゾンビの気を引いてしまい、警察署内のあちこちからゾンビが侵入してきているようだ。

早くメダルを集めて警察署から脱出しなければ。

 

非常階段で入手できる工具(チェーンカッター)でドアに掛かったチェーンを切ることができる。

「作戦会議室」と「東側オフィス」にもチェーンの掛かったドアが存在するので工具を使って開通させよう。

 

クレアとの再会を境にたくさんのゾンビが窓から侵入してくる。

ナイフを織り交ぜるなどして弾薬を節約していこう。

 

東側オフィス

オフィス内のデスクから「ハンドル」を入手することができる、これでシャワー室の蒸気を止めて先へ進む事ができるだろう。

 

「電子部品」も忘れずに回収しておこう。

レオンがマービンに助けられた場所のシャッターが完全に開くようになる。

 

 

作戦会議室

作戦会議室前の通路はバリケードを張っておかないとイベント後にゾンビの侵入され、大量の弾丸を消費することになる。

できるだけクレアと再会する前にバリケードで窓をふさいでおこう。

 

会議室のチェーンの掛かった入れなかったドアを工具を使って進むと、電池のない信管が手に入る。

あとは電池さえ手に入れば3階のC4を起爆できるだろう。

 

ホワイトボードにはロッカールーム「CAP」と書かれている。

そう言えばシャワー室のロッカーにはダイヤルロックが掛けられていたような・・・

 

西側オフィス

本来ならここで先輩たちと仕事をするはずであったであろう西側オフィス。

レオンのデスクには重大な特別任務が用意されている。

 

レオン・S・ケネディ、貴官に重大な特別任務を与える。

 

その恐るべき内容とはー、

なんと「自分の机の鍵を開けること」だ!

ヒントは6人の先輩のファーストネームの頭文字だ。

順番は、机の並びと同じにしてある。

鍵は机の左右に1つずつだ。両方ちゃんと外せよな。

 

ま、ようするに、仲間の名前を覚えるのがお前の初仕事ってわけだ。

成功を祈ってるぜ。

スコットの野郎から聞き出すのは、ちっとホネだろうけどな。

 

優しいブラナー先輩より


 

先輩方の名前はデスクの上のネームプレートで確認できます。

その頭文字をダイヤルロックに入れてやりましょう。

ちなみに中にはマチルダの拡張マガジンが入っています、健闘を祈る!

 

レオンの目の前でゾンビにやられた警官、「エリオット」のデスクには作戦報告書が残されている。

 

9月28日 午前2:30

生存者は私を含めたったの4人。

武器、弾薬の確保の失敗。度重なる異常な戦闘による疲弊と混乱。もう後がない・・・。

 

以前、フィリップス巡査から下水道を脱出路にする提案がなされた。

ここが美術館時代の"隠し通路"を使う方法だ。

 

今さらながら、私は彼女のアイデアに載ることにした。

確かに、隠し通路が現存している保証も、下水道にゾンビがいない保証もない。

だが、ここで死を待つよりはましだ。

 

わずかな可能性を信じ、隠し通路に関する情報を探ることにする。

 

記録者 エリオット・エドワード


 

警察署2F:美術室

東側2階の美術室には、備品保管庫で使用するカードキーの他に、「石膏像の左腕」が手に入ります。

一体何に使うのか?

 

暗室で現像したフィルムをヒントに謎を解いてみよう。

左手に本を持っている、図書室に行けば何かわかるかもしれない。

 

短い杖をゲットしたらよく調べてみよう、裏側にはスイッチがあり赤い宝石が手に入る。

何に使うのかはまだ分からないが取れるうちに取っておこう。

 

備品保管庫のガンロッカーにあるショットガンを手に入れる際に必要なカードキー。

スペードの鍵を手に入れた時点で入手が可能となる。

 

シャワールームでハンドルを使用

蒸気が漏れて進めなかったシャワー室、ハンドルで栓を締めることで先へ進めるようになった。

 

シャワー室を抜けた先の通路でついに奴と遭遇・・・

飛び爪攻撃はとにかく強力で、体力がグリーンの状態でも一発くらっただけで瀕死の状態になる。

強力なショットガンでも倒すのに5発程度必要になるので大抵リロードを挟む事になり、とても厄介な相手だ。

リッカーは目が見えないので歩いていれば戦闘を回避する事ができる。

余裕がないときは歩いてやり過ごそう。


次へ→【バイオハザードRE2】 レオン編(表) G第一形態 ウィリアム・バーキン

前へ←【バイオハザードRE2】レオン編(表) クレアとの再会

-バイオハザードRE2

Copyright© fumiblo , 2019 All Rights Reserved.